気分が落ち込む鬱病に注意|精神科での治療で改善可能の憂鬱気分

男性

病気の特徴を知る

悩み

様々な種類を考える

欝病と言えば私達の身近で良く耳にするメジャーな気分障害の一つです。一方その種類は複数存在しており、それによって現れる症状も異なりますから注意しましょう。自分自身は鬱病ではないと思っていても実は鬱病に罹患している可能性があるのです。例えば鬱病の中には「双極性障害」と言うものが存在しています。こうした鬱病では欝と躁状態を繰り返すのが特徴的であり、躁状態にある時は非常に社交的で人生に対して前向きになります。一方欝状態に陥れば急に周囲との関係を断ち切り、孤独に陥るのです。時々元気になるからと言って欝病ではないと言いきれませんので注意しましょう。他にも欝病に罹ってしまった場合死にたくなるような絶望感に支配されると思われがちですが、緩い気力低下状態に陥る「気分変調症」と言うものも存在しています。こうした欝病に罹っている場合破滅的な行動を起こす事はありませんが、長期に渡って心身の不調を覚える事があります。いわゆる「プチ欝」が長く続く方の中にもこうした欝病に罹患している方がおられるのです。

正しい理解を深める

鬱病と言えばメジャーな気分障害ですが、一方で多くの社会的偏見にさらされている病でもあります。ありがちなのが「弱い人がかかる病」と言う偏見です。こうした病は多くの場合心の問題から発症する事で知られていますから繊細な人達が罹患すると思われがちですが、全てがそのケースに当てはまるわけではありません。どのような人でも耐えられない体験を背負っている人や、過労から鬱病を発病する方も存在しているのです。他にも鬱病と言えば治らない病と言う誤った情報を信じている方がおられますが、鬱病は適切に病院にかかった場合むしろ完治する可能性の高い病です。少しでも回復を望む場合、罹患した初期段階で病院に行くようにしましょう。欝病に関する関心が高まっている世の中ですから、今後欝症状に関する理解は益々広がって行くでしょう。また一昔前は欝病に罹った人が病をカミングアウトするのは難しい社会でしたが、現在では鬱病を告白するのはさほどハードルの高い事ではありません。こうした風潮は今後益々一般化するでしょう。