気分が落ち込む鬱病に注意|精神科での治療で改善可能の憂鬱気分

男性

病を克服するための知識

カウンセリング

初期段階からケアまで

鬱病とは全てのケースにおいて気持ちの低下を伴う気分障害です。一般的に初期症状としては抑うつ状態が現れ、そこから次第に大うつ病や双極性障害などの鬱病に発展して行きます。双極性障害は抑うつ状態だけでなく躁状態も伴う障害であり、躁病症状が出ている間は気分も前向きになります。鬱病の原因は脳内物質の問題や性格の問題など多様に挙げられており、特定されていません。一方人がうつ病を引き起こすには何らかの原因が存在しており、精神的ストレスやトラウマ、PTSDなどによって発生します。鬱病によって発生する睡眠障害や幻聴などは薬で治療する事ができても、根本的な悩みを解決しない限り抑うつ状態が継続するのが特徴的です。従って鬱病治療には薬だけでなく心理療法を取り入れる事が望ましいのです。また鬱病治療には周囲の人達のサポートが欠かせません。鬱病は記憶障害や注意力の問題を引き起こす病ですから、職場でのサポートや家族によるケアが重要になってきます。それが鬱病患者の自殺を防ぐのです。

不安な仕事を考える

うつ病治療を開始するに当たって社会生活をどのように築いて行くかが大切なポイントです。特に仕事を続けて行くかどうかは治療の回復スピードを左右する大きな要素でもあります。もしも職場で激務や人間関係に悩んでおりそこから鬱病を発症した場合、できるだけ仕事を辞めた方が治療には効果的でしょう。鬱病を発病すると集中力が欠如したり職務上のミスも発生したりします。そこから勤務や人間関係に恐怖心を抱く事もありますから注意しましょう。鬱病に伴って会社を退職する場合心配になるのがお金の問題です。こうした病に罹った場合、傷病手当か障害年金を申請できますからこうした制度を利用して効率的にお金を手に入れましょう。鬱病を抱えながら仕事を続ける場合、非正規雇用として雇われると言う手もあります。非正規であれば正規雇用よりも残業が軽減されるものですし、万が一退職する事になっても重たい責任がありません。特に鬱病に理解がある会社を探し出して就職すれば、職務に伴う多くの不安を解消できるでしょう。